平成30年3月22日(金)~24日(日)の2泊3日で目黒区の友好都市である宮城県角田市から、小学生15人と引率者2名が目黒区にやってきました!

目黒区総合庁舎玄関では手作りの歓迎うちわを持った13組のホストファミリーや区長、教育長をはじめたくさんの目黒区職員、そして青いジャンバーの青少年委員たちの大歓迎に、びっくりしながらも嬉しそう♡

庁舎大会議室での対面式では、それぞれのホストファミリーとドキドキのご対面。

私たち青少年委員も、ホストファミリーの方の温かさと、緊張とワクワク感が体から溢れている角田市の子どもたちに触れ、嬉しくなりました。

土曜日をゆっくり楽しみ、日曜日のお昼、ホストファミリーと一緒に集合場所に戻ってきた時には、すっかり家族の一員です。東京駅まで一緒にお見送りをしてくれたホストファミリーは、新幹線の窓越しに手を振り涙ぐみながらお見送りしました。
短い日程ながらも家族の一員となれた子どもたちは、たくさんの思い出を持って角田市へ帰路についたことでしょう。
ホストファミリーの皆様、ご協力ありがとうございました。

事前に行われたホストファミリー説明会で、一通りの説明を受けた後、質問タイムに入る大人たちと、歓迎うちわを一生懸命に作る子どもたち